東日本旅客鉄道(JR)の株を購入!コロナ禍の今だから

こんにちは tuna(@miyakojimalife_)です(^^)

いよいよ、欧米ではコロナワクチン接種が始まりました

日本でも2021年6月末までにファイザーから6,000万人分のワクチンを受ける基本合意を結んでいます

また、ファイザーは日本国内での使用に向け、18日厚生労働省に承認を求める申請を行いました

早ければ2月中にも承認の可否がでるようです

コロナ封じ込めの期待が高まる一方

ドイツでは16日から学校が閉鎖され、日用品以外の小売店も営業休止

フランスでは夜間外出禁止令が発表

日本では首都圏の鉄道各社、年末終夜運転停止が決まりました

もうしばらくはwithコロナの生活が続きそうです

そんな中、今週東日本旅客鉄道(9020)を購入しました

https://twitter.com/miyakojimalife_/status/1339492552966172673

その理由を綴っていきます

コロナ前からの株価推移

コロナ前は、9,000円後半から10,000円台で推移していた株価ですが

コロナ流行、3密回避、テレワーク等の流れを受け

下がり続けてきました

年初来安値は10月30日の5,446円

5,300円台を目論んで指値を入れていた私は

無念でした(_□_:)

コロナ前から考えると

この1年で40~50%ほど株価は下落

逆張りの方がなぜか上手くいきやすい私には嬉しい状況です

株価だけ見ると冬のバーゲンセールですが

決算は苦しすぎる状況(o_□_)o

第2四半期連結決算は大きなマイナス

10月28日付 第2四半期決算短信で見ていくと

営業収益は前年同期比でマイナス7,315億円

昨年の51.8%しか収益を上げていません

営業利益、経常利益も大きなマイナス

純利益もマイナス2,643億円と散々な結果・・・

ちなみに第2四半期決算としては過去最低の営業収益です

特にダメージが大きかったのが主力である

運輸事業や流通・サービス事業、不動産・ホテル事業

収益と利益で見ていきます

運輸は営業利益マイナス2,860億円

流通・サービス事業は営業利益マイナス137億円

不動産・ホテル事業はかろうじでプラスの営業利益8億円

それでも前年の2%しか利益を上げていません。。

主力の事業がコロナの影響を強く受ける業種なだけに

今回の決算は何とも苦しいです |ω・`)

それでも買った理由

今後の決算でも前年比に対してマイナス収益になる事は

誰もが予想するところであり

現在の株価は通期のマイナスを予想している結果だと思います

しかし、過去2年間の決算の安定性を見ていると

企業としての問題ではなく

コロナによる減収が主な原因であり

コロナ禍後は同程度の収益まで上がらずとも

再度安定した決算に向かうと予想しています

また、コストダウンの取り組みや

終電繰り上げ・初電繰り下げの実施など

余力を作る取り組みも評価できる点かなと思います

生活に無くてはならないインフラを担いつつ

駅直結という好立地ショッピングモールやホテルを子会社運営し

VIEWカードなどのクレジットも手掛ける

会社としての安定感は高い企業だと思います

  1. 稼ぐ力はある
  2. 原因はコロナ
  3. 第2四半期としては過去最低の営業収益
  4. 欧米でコロナワクチン接種開始

この流れで買っちゃえ~とポチりました

どう転ぶかは誰にも分かりません

今まで暴落や逆張りで買って運よく生きてこれたので

今後も自分が納得できるまで調べたら

最後は

「なんくるないさ」です( ̄人 ̄)

この記事が誰かの「株楽しいな」につながれたら幸いです

最後まで読んで頂きありがとうございました*ᴗ ᴗ)⁾⁾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。