【壁をDIYで黒板にする方法】子どもウケ間違いなし!

こんにちは tuna(@miyakojimalife_)です(^^)

我が家は祖父母宅を少しずつリフォームやDIYしながら生活しています

今回は子どもと一緒に壁を黒板に変更した様子を記事にしました!

割とDIYの定番とも言える内容だと思いますが

甘く見て痛い目をみた tuna家です。笑

壁の状態によってDIYのやり易さがだいぶ変わる内容だと思います

我が家は多分めんどくさい方でした…

それでも子どもと楽しく進められたので、親子でDIYおススメです

壁をDIYする前の下準備

DIYする前の壁です

個人的には味があって塗るか悩みましたが、築年数もそれなりにあり

汚れや色あせも目立ってきたのでDIYへ

ひとまず壁につけていた物、植木などを取り除き

固く絞った濡れ雑巾で拭き拭き

次に床や冷蔵庫が汚れないように

マスキング用のビニールシートを貼っていきます

壁の凸凹をなくすパテ塗り

それでは塗ります!

と言いたいところですが、我が家の壁

横に溝があるのです

以前部屋の一部を白色に塗装した時も

この溝だけすじ状に残ってしまいました

黒板で引っかかりがあると楽しさダウン⤵しちゃいそうなので

今回はまずこの溝から埋めていきます

パテ埋めなんて人生初なのでプロの皆さんごめんなさい

パテ埋めのために準備した物はこちら

①ウッドパテ&パテヘラ

②ランダムサンダー

こちらはパテが乾いたら均一な厚みに削るために準備

サンダーは今後もDIYで使うと考え今回購入しました

無ければ紙やすりでも出来ます

準備も出来たのでパテを塗っていきます

今回は娘も参戦

完全に汚れたらアウトな服で参戦しています

親の顔が見てみたいです

それは置いておいて

一回目のパテ塗りを終えたところです

溝が少し埋まってきました

乾いたらランダムサンダーで削ります

削っていくと固まったパテの破片が散らばるので

シートをしていて良かったです

削り終えたら再度パテを塗り

サンダーで削って

なるべく凸凹を無くしていきます

壁の下地作りが今回は大変でした(-_-;)

これが無ければ黒板DIYは大分楽になります

磁石もくっつく黒板を目指してペイント開始

いよいよペイントです

準備した物はこちら

①磁石がくっつくマグネットペイント

正直磁力が弱いです

普通の磁石は紙を1枚挟んで止まるかどうか

強力磁石やネオジム磁石なら問題なく使えます

②チョークボードペイント(黒)

マグネットペイントの後にこちらを塗りました

色は緑と黒がありましたが

我が家は黒をチョイス

③塗るための刷毛&ローラー

ローラーは広い面積を均一に塗れるので重宝します

刷毛は溝やローラーで塗れない端用に使っています

④マスキングテープ

塗料がつかないよう柱などに貼っていきます

それでは塗っていきます

その前にマスキング…

いつも忘れそうになります

塗った後にこのテープをぺりーって剥がすのが

また楽しいんですよね

乾いた塗料が思いのほか一緒に剥がれて

くそーっ( ;∀;)

ってなったりもしますが…

それでは、気を取り直して塗っていきます

まずは磁石がくっつくマグネットペイントから

えいやっ

……

もう後戻りできない気持ちになります

黒ってところがまた気が重い…

塗料もボタボタ落ちてきます

シート敷いていて良かった

完成させるしかないので親子で塗っていきます

マグネットペイントは薄く塗って乾かしを3回繰り返し

マグネットペイントが終わったら

チョークボードペイントを2回塗りました

塗っている間は写真撮れず…

ひとまず塗り終わりです

最初塗ったときは

アチャー(ノ∇`;)

と思っていましたが、何とか良い感じに

溝も埋まっています

多少凹凸があるので

仕上げにサンダーで軽く削って完成です

o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!

子ども大喜びでお絵描きタイム

完成後の楽しみは

お絵描き♪

長女が頑張ってくれたので

双子も大喜びで描いていました

調子にのってどんどん描きます

ちょっと心配になるぐらいになってきました

消した時の床掃除が頭をよぎります

まぁそれも想定してなので

子どもと後片付けを練習します

他にもこんな使い方が

大人も有効活用する事ができた点は

①メモとしての利用

ほとんどのメモや、やることリストはスマホに入れていますが

英単語だけは黒板に書いています

ここで言う英単語はアメリカ株の決算を見る時に活用しています

英語が苦手な私にはパッと確認できる黒板は便利です

②誕生日のメッセージボード

作る前に楽しみだった事の1つでもある

メッセージボードとしての活用は

子どもも喜んでくれました♪

作るのはそれなりに大変さもありましたが

子どもと一緒に作る楽しさ

その後の活用など

長期で見ると良い投資案件の1つだと思います

この記事が誰かのワクワクに繋がれたら幸いです

最後までご視聴ありがとうございました*ᴗ ᴗ)⁾⁾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。