宮古島で日の出を見るなら絶対ココ!島人オススメの東平安名岬

こんにちは tuna(@miyakojimalife_)です(≧∇≦)

今日は宮古島で日の出を見るおススメスポットの紹介です

宮古島にはいくつか朝日スポットがありますが、子どもの頃から初日の出を見に行くのは決まって東平安名岬でした

遮る物が全くなく海から少しずつ昇ってくる太陽は神秘さを感じさせ、東平安名岬のロケーションがさらに自然の美しさを際立たせます

宮古島の朝日でパワーチャージするにはオススメの場所です

ちなみに読み方は「ひがしへんなざき」です

読めませんよね…

平安名岬の朝日は神秘的

この日は雲が多めでしたが、切れ目から光が差し込む様子がとても綺麗でした

海に光が差し込む様子は映画のワンシーンの様でもあります

続いて岬側の風景です

薄暗さの中に淡い光

凪の海と波の音

周囲には誰もいない一人の空間

なんとも言えない心地よさでした

圧倒的なロケーション

ただ海から朝日が昇ってくる様子を見るだけであれば、他の場所でも十分要件を満たします

しかし、東平安名岬をオススメするのはその圧倒的なロケーションです

2キロも続く岬と切り込んだ断崖絶壁

遠くに見える真っ白な灯台と宮古ブルーの海

ここでしか見られない風景が沢山盛り込まれています

ほぼ確実に朝日を独り占めできる

東平安名岬は島の1番東側にあり、周囲には民家等がありません

宮古島の西側に1番人が住んでいる市街地(平良)がありますが、そこからも約24キロほど離れています

年始の初日の出はやはり地元の人や観光客で賑わいますが、それでも100人いるかどうか

都市部の朝日スポットの比ではありません(゜ロ゜)

通常は早朝に人がいる可能性は限りなく低く、岬は2キロもあるため混雑することは皆無です

古島の日の出時間は遅い!

日の出見たくてもせっかく旅行来たのに、早起きしんどいわぁ…

という人でも大丈夫なくらい島の日の出は遅いんです

日本のかぎりなく西側に位置しているので、ほとんどの方が居住している地域より日の出が遅くなります

日の出時間は

一番日の出が早い夏至前の6月で5時36分

道産子からしたら信じられないですよね( ゚Д゚)

観光客の多い8月だと6時頃

一番日の出が遅い冬至後の1月になると7時19分です

どんなに泡盛飲んだ次の日でも(飲酒運転はダメですが

夜更かしして遊んだ後でも

何とか起きれる時間じゃないかと思います

東平安名岬は日本都市公園百選

1989年に都市公園百選に選ばれています

公園?って疑問に思うかもしれませんが

公園なんです

遊歩道も整備されており(所々ひび割れてますが・・・

断崖近くを歩ける場所もあります

一応小さな遊具(遊具と言えるのか?)も私が小さかった30年前ぐらいからあります

ただし台風の暴風と潮風をもろに受けるため劣化が激しくほぼ使えません。。。

街中にある公園というよりは自然を楽しむ散歩のイメージの公園です

日本でわずか16しかない登れる灯台!

灯台登ったことありますか?

これは何気にワクワクするポイントだと思います

宮古島は平坦な島なので陸側も遮るものがなくとても気持ちが良いです

登れる時間は時期によって変わりますので記載しておきます

(公益社団法人 燈光会より引用)

ちなみに料金は中学生以上300円、中学生以下無料です

日の出のタイミングでは登れませんのであしからず・・・

東平安名崎へのアクセス

東平安名崎は名前の通り宮古島の東側に位置しています

宮古島の最東端です

宮古島の市街地(旧平良市)からは車で約30分ほどです

岬周辺には自販機しかありません

キッチンカーは1台よく見かけます

東平安名崎がある保良地域には昔からある商店が1つあるので

ちょこっと買いにはそちらがおすすめです(海宝館近くにあります

あとは早朝から開いているカフェnuisが組み合わせとしては良いと思います

【ニュイス-nuis-】牧草地が魅力の宮古島おしゃれカフェ

ぜひ島の朝日も楽しんでみてください

この記事が誰かの楽しいに繋がることを願って♪

最後まで読んでいただきありがとうございました*ᴗ ᴗ)⁾⁾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。