単身赴任終了!! 我が家でかかっていた費用を公開

単身赴任でかかっていた費用

2019年4月から沖縄で単身赴任生活を送っていました

宮古島で暮らす家族との2重生活のスタート

離れ離れで生活する精神的きつさもありますが

毎月かかる費用としてのつらさも大きいです

ダブルパンチ( ;∀;)

幸運にも2020年4月からは単身赴任が

終わることになったので

今までかかっていた費用を改めて調べてみました。

単身赴任で主にかかっていた費用
  1. 家賃+駐車場代
  2. ガス水道電気
  3. 帰宅費用

項目ごとにどれくらいかかっていたか見ていきます

埼玉からの引っ越しでかかった費用などは

こちらをご覧ください

宮古島への引っ越しは金額が桁違い!移住予定の方は早めの見積もりを

家賃+駐車場代

単身赴任が決定した時に一番に浮かぶのはこの費用

住む場所と、車を使う場合は駐車場です

私の場合は飛行機での帰省を考えて

モノレール近辺のマンションを借りました

モノレール徒歩圏内は家賃が割高でしたが

空港の駐車場に停めるより、モノレールで行く方が

相対的に安いと考えモノレール近辺を選びました。

那覇空港に24時間車を置いた場合は

1,600円かかります

金曜日に帰省して日曜日に戻ると

48時間きっかりで車を出しても

3,200円です

月に4回帰省した場合は

12,800円!

長期での帰省になるとこれ以上にかかるため

私の場合は割高です

では、肝心の家賃+駐車場代ですが

駅徒歩5分築4年1Kで

家賃45,000円、駐車場6,000円です

不動産広告みたいになってきましたね。笑

埼玉暮らしが長かったためか安いと思ってましたが

沖縄の友人に話すと口を揃えて

たかっ!!

と言われます。

それもそのはず

築年数にもよりますが1Kで

家賃3万台+駐車場無料

が結構出てきます。

さすが車社会沖縄

まぁそれでも私の場合はモノレールが

正解だったと思います。

家賃補助がでる職場なので

実際は51,000円はかかっていませんが

それでも毎月の出費としてはもったいないです

むしろ家計に響く出費です

ガス水道電気代

こちらも単身赴任をする上で

重荷になってくる出費です

一緒に暮らすより普通に2倍かかってきます

私の場合は固定費を下げたい+アウトドア好きが高じて

極力物を増やさない生活で

電気代を下げました

部屋にある家電は

パソコン、プリンター、電子ピアノのみです

あとは備え付けのガス乾燥機(小声

洗濯は手洗い

冷蔵庫は近所のスーパー

テレビは見ません

夜は極力太陽光で充電したランタン使用

職場の同僚、友人からは変人扱いです。笑

でも電気代は爆安だと思います

エアコンを使わない季節ですが

夏場もほぼ2,000円台はいかなかったです

そして最安値だったのは12月

結構寝るだけの部屋でした。笑

冷蔵庫が無いのでブレーカーをほぼ落としていたのが

大きいと思います。

しかし、料理とお風呂が好きなので

水道代は月平均1,300円

ガス代は3,000円ほどかかっていました

それでも光熱費総額5,000円台は

結構抑えられている方かなと思います。

帰宅費用

こいつです

我が家を一番苦しめたのはこの費用です!

陸続き単身赴任でも頻繁に帰宅する場合は

これが一番かかると思います

沖縄⇔宮古島の場合は

飛行機を利用するしかないので

必然的に割高になります

幸運なことにほぼカレンダー通りの職場のため

先得でほぼ1年間の航空券を購入していました。

それでも、年間50万+です。

家に帰るだけで。。。

私の場合は

子どもがまだ小さい+双子

ということでほぼ毎週帰っていました。

おかげでJGCになりましたが。笑

JGC取得!JALグローバルクラブ会員になりました

この費用については

子どもの有無や年齢

距離や移動方法によって異なると思いますが

家賃同等か、それ以上になることが予想されます。

あなどれません

私にとってのメリット

精神的にもそうですが

金銭的にもかかった1年でした

しかし、1年で終われたことに本当感謝です

そして、単身赴任をすることでメリットもありました

私的単身赴任のメリット

  1. 家族の大切さを実感できた
  2. 子どもといれる時間有限性
  3. 好きなことに没頭
  4. JGC取得

1.2はともに家族に関することですが

離れてみて尚更家族の大切さ

妻への感謝を実感しました

また、子ども過ごす時間の有限性を感じ

もっと子どもと向き合おうと

感じることができました。

この気持ちは忘れずにいきたいです

離島は特に早ければ高校から沖縄本島です

そうなると

生まれてから15年しか一緒にいられません

都会では考えられない感覚だと思います

子どもとの時間は有限です

3つめの好きなことへの没頭は

子育て世代にはありえない時間です

妻には申し訳ないですが(震え声

長年離れていたブレイクダンス

読書にピアノ

1Kの部屋

大学生に戻った1年でした。笑

4つめは本当に良いタイミング

離島に帰ったら取得しようと思っていたJGC

1年間の帰宅回数で十分取れるものだったので

1年で単身赴任終われたのは本当にラッキーでした

今後は、上記の費用がかからないので

その分

日米株投資+物件取得

に力を入れていきます

世の中の単身赴任の皆さん

始まりがあれば終わりがきますので

がんばっていきましょう(>_<)

最後までご視聴ありがとうごいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。