【砂山ビーチ】岩のアーチから眺める夕陽とマジックアワー

砂山ビーチの夕陽がこちら

いきなりですが、写真から!

ある日の夕暮れ時に撮った写真です

地元民でも感動するほど綺麗でした

平日ですが、この日は外国人観光客が多かったです

しかもなぜかヨーロッパ、南米、アジア(中国以外)がここ最近は多いんですよね

軽装、水着姿でビーチ浅瀬を歩いてる人が多くなんだか異国情緒に溢れます

昔おじぃと遊びに来ていた砂山とはなんだか違う雰囲気

夕陽が海に沈む瞬間まで

砂山ビーチの良さは夕陽が沈む方向に島や障害物がないことです

なので、海に沈んでいく瞬間まで見れます

刻々と変わっていく風景は日々の出来事を忘れ自然に戻る感覚

まさに癒しの時間です

私が浜についた時には平日なのにもう沢山の人が

私が子どもの頃はいても1家族いるかいないか

むしろ誰もいない確率の方が高かったです

観光地としての知名度が上がった結果ですね

左側のぽっかりあいた岩のアーチが名所です

少しずつ時間が経ってくると太陽が明るくなってきました

カップルの後ろ姿が良い感じです

さらに時間が進むと少しずつ赤く

マジックアワーの始まりです

雲の切れ間から出てきた夕陽にビーチでは歓声があがっていました

さらに時間が進むと

夕陽が半分海の中へ

この瞬間が撮りたい人は多いようでシャッタータイム

撮り終わったら夕陽を眺める人たち

さらに時間がたつと太陽も残り少し頭の部分だけに

どんどん沈んでいきます

この頃にはビーチ全体が良い雰囲気に

カップル、家族連れとわず大切な人と過ごしている感じが伝わってきます

沈みきった後もなんとも言えない余韻です

宮古島で夕陽を見るなら砂山ビーチはおススメです

砂山までの道はプチ冒険

砂山ビーチは島の西側にあります

市街地から近いビーチです

駐車場は広くシャワー室もあります

一見アクセス良好に見えますが

ビーチへのアクセスでちょっと大変になるのはここからです

最初は舗装された道ですが

途中から砂に変わります

道も急に細く「ここであってる?」という雰囲気に

そして緩やかな上り坂がしばらく続き

道も徐々に細くなります

しかし、小道の先に海が見えると一気に気持ちは上昇

良い風景です

この小道を抜けるとなかなかの景色

上からだと緩やかに見えますが、ここからは砂も深く帰り道が大変です

砂山で楽しんだ後の上り坂はなかなかこたえます(笑)

帰りの上り坂を撮りたかったですが、この日は人が多く下から撮ったら

完全不審者になるため自粛しました

また後日行った際にアップします

砂山ビーチで泳ぐのは…

駐車場にシャワー室もある砂山ビーチですが

実は私有地のようです

子どもの頃は私有地だと知りませんでした

一時期レンタルを行っている業者さんがいましたが、色々とトラブルがあったようでこの看板が立った経緯があるそうです

一応この看板にはビーチでの遊泳は禁止していません

実際私も幼稚園ぐらいまではおじぃや親に連れられて泳ぎに来ていました

しかし、今から20年前にサーファーがサメに襲われて死亡した事件から

地元の人はまず泳いでいないと思います

この時襲ったとされるサメがイタチザメです

(Wikipediaより引用)

サメ!って感じのサメですね

しかもこのサメ危険なサメ3種類のうちの1つのようです

20年前なのでうろ覚えですが、浜から20~30メートルほどの近い場所だった気がします

砂山周囲はリーフもなく、急に深くなっているのでサメも入ってきやすいのだと素人ながらに思い、大人になってからは泳いでいません

実際波も高いですからね

観光できても浜や波打ち際で楽しむぐらいが良いビーチです

砂山ビーチ残念ポイント

最後の最後に後出しですが

結構残念なポイントがあります

砂山ビーチの見どころでもある自然に出来た岩のアーチですが

今はこんな感じで柵があります

崩落の危険と観光客の増加で設置した模様です

結構色々な方がいたようで封鎖はやむなしかもですが

景観はだいぶダウンです(/_;)

以前の砂山が恋しいです

(RETRIPより引用)

夕暮れ時に行くと柵の感じも薄暗さで弱まるので

個人的には夕陽とマジックアワーがおススメです

この記事が誰かのわくわくに繋がれたら幸いです

ご視聴ありがとうございました *ᴗ ᴗ)⁾⁾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。